長くネイティブアメリカンの精神性について学んでいるのですが、

コロナの影響で、さらに自主勉強の機会が増え、

調べものをしたり、英文を訳したり、学びあったりしています。

 

私の勉強しているアニシナベ族の西の方角のメタファーは

黒・バッファロー・祖先・秋・夕時、などなどあるのですが、

いつも不思議に思っていた「祖先と先祖」について調べてみました。

 

ご先祖様というように、先祖は血縁関係のある故人を差し、

祖先はというと、太古の人類の祖先などと、血縁関係の有無を問わず、

DNA的な分類における故人を指すみたいです。

なるほど、勉強になりました。

私はスウェットロッジ(ネイティブアメリカンの再生の聖なるセレモニー)の中で

ご先祖様に祈っているとき、実は祖先に祈っていたのだなあと発見しました。

ちなみに英語では先祖も祖先も、共にancestorです。

 

イマドキ、お墓参りも法事も少なくなり、

祖父母との関係も希薄になっている人もきっとたくさんいると思います。

死がタブー視されているのは、戦争や宗教との関わりもあります。

けれど、肉体を持つ私たちには切り離せない死生観。

コロナのプロセスで、私たちが恐れているのは「死」。

それをどう捉えるか、どう向き合うか、どういう世界観で見かは

今、学ぶチャンスなのだと感じています。

怖がらずに学べば、

「今日は死ぬのにはいい日だ」

(ネイティブアメリカン解放運動リーダーのデニス・バンクスによる言葉)

と言えるくらいの心も持てるかもしれません。

 

 

 

ネイティブアメリカンのancestorは2種類あるそうです。

肉体を繋げてくれた人たち。いわばご先祖様たち。肉体はいつかなくなります。

そして、スピリットとしてのancerstor。こちらは祖先と言えそうな気がします。

そのどちらにも祈る。

死は怖いものではなく、スピリットは決して死にません。

 

死は「無」ではありません。

とても深い話で、心で感じるしかなく、証明することはできませんが。

エゴが作るのは、分かりやすい恐怖としての死であったり、

天国と地獄、といった操作の入った死で、

私たちを現実でも死においても支配しようとします。

もうそろそろ、恐怖に支配されるのではないフェーズに進んでもいい気がします。

 

それぞれ、死ぬまで確かめられないかもしれないけれど、

自分の平安がある死生観をそれぞれに確かめていく機会が、今ここにあります。

あなたが愛を感じる「死」について、

学んでみてはいかがでしょうか。

私がネイティブアメリカンをリスペクトしているのは、

彼らが宗教ではなく、その死生観を

太古の祖先の智慧として受け継いでいるからなのだと思います。

関連する記事