昨日からようやく、学校が通常授業になりました。

慣れるまでの阿鼻叫喚を思うと、一概に手放しで喜べないのですけれど、

長期間、一人の時間が無かったので、

やっぱり「やっっほーい!!!!」という開放感を感じたのは仕方ありません。

昨日は、用事も取りやめて、一人の時間を満喫した次第です。

 

とはいえ、

通常の学校生活って、忙しすぎるよなあ…と

つくづく思います。

子どもたちは冒険できる時間が無い。

このコロナで何度か田舎に引っ越して、ホームスクーリング…という

理想を思い描いてもみましたが、

何度考えても、それを現実にするだけの強い欲求が自分に湧き出てこないので、

やっぱり私たちは、この町中で、軸を立てて生きていくという様式を

選んで来たのだと思います。

どっぷりと自然の環境で、工夫して生きている人たちを見て指を咥えつつも(笑)

よくある様式の中で、その志をもって生きる、のがぴったりくるのだから、

敢えて逆らわず、ここで面白おかしく、そして幸せに

いつもチューニングし直して生きていくのがいいみたいです。

少なくても、今はそうみたい。

 

新型コロナのおかげで、必要な変容ができているといいけれど…

本当に必要なものを選び取る勇気を、私たちが持てますように。

 

関連する記事