家族との関係性で問題を抱えている人はたくさんいます。

問題というほどのものではない小さな不具合だったり、

人生がそこで止まってしまうくらいの大きいものだったりします。

私は、人生がそこで止まってしまうくらいの大きな確執でした。

なにしろ、生まれてから家出をする19年間だったのです。

両親との問題を解決するまで、そこからさらにかかりました。

とても骨の折れる作業で、なんども諦めかけましたが、

自分の進むべき道は、そのチャレンジなしには進まないような気がしていて、

向きあってきたことを思い出します。

 

ただ、

そこまでの、いわば、自分の人生に立ちはだかるくらいの傷でないのなら、

あなたのチャレンジは親というカテゴリーには無いのかもしれないと思っています。

チャレンジのない人生なんて、

味の無いジャムくらい「なんのために?」と不思議に思うくらい

つまらないものなので

(まあ、本人はその時大変な苦労をしますが)

あなたのチャレンジを自分でどこに置いたのか、

今分からなくても追い追い分かるようになっているし、

そこは、その時が来たら、

「取り組んでみる」(もちろん休憩や逃避時間あり)

一択がお勧めです。

私たちはそのために来たのですから。

 

 

話は戻って、

両親との確執の昇華に、かなり時間をかけた私ですが、

今の私にとって

私の父親・母親は、肉体をもらった父母ではなくなってしまいました。

両親は健在なのですが、

彼らと居ても、本当に言葉通り

「肉体をくれた、肉体の両親」という感じなのです。

彼らを尊重し、愛していますが、

完全に彼らからもらった幻想とは違う位置で自分が見ている感覚なのです。

《両親》というものに抱いていた私の幻想は、今はすでになくなって、

彼らに求めることは全くなくなり、

だからこそ、とてもいい感じでいられるような気がします。

気楽で、敬愛を込めて付き合え、無理難題も深刻に取り合ったりせずに済みます。

 

私の本当の両親…というか、親は

彼らではないという感覚が今では私の中にあります。

ネイティブアメリカンの世界では、

母なる大地、父なる空、祖父なる石、祖母なる月…と、祈るのですが、

その感覚にとても近い感じです。

私の感じる親は神でも愛でも光でもあるので、

それぞれに分かれてはいませんが、

そこここに慈しんでくれる親はいて、

私にエネルギーを注ぎ込んでくれていると感じるのです。

それを感じられるのは、私が受け取れる状態を持続しているときですが。

(もちろん、うまく受け取れないときだってあります)

 

 

そこがうまく感じられるようになって、

「これほどの愛を、肉体の両親に求めていたということだな、私は」

と気づいて、愕然としました。

そりゃ、無理でしょう。

無理難題です。

エネルギー量的にも、愛の深さ的にも、エゴ的にも。

ただのクラスメイトに

「親になって私に愛情をください」

というくらいの無茶ぶりでした。

今思うと、ほんとすみません(笑)

そういう配役だったとはいえ。

子どもに生まれた私は、「誰に」「何を」求めるの部分を誤解していたのです。

それは、私のファンタジーを修正するために必要な幻想でした。

理解できるのに、こんなにも時間をかけてしまいました。

(私には体験すべきチャレンジでしたが!)

 

親との関係性に取り組んでいる人はたくさんいます。

取り組むべき価値があります。

親は、実は自分自身の投影であり、

赦すということを学ぶ、一番近い存在です。

そのチャレンジがある人に対して、私は心から応援するし、

支援もしていくつもりです。

取り組む勇気を、深く深く尊敬しています。

 

と、同時に、

その取り組みがある程度進んだら、もしくは平行して、

本当の親について、学んでいくというのがいいように思っています。

肉体の親は、あなたの幻想を実現してくれるとは限りません。

肉体の親も尊重すべき大切な存在ですが、

それと同じだけ、

スピリットの親も思い出していく必要があるのです。

 

あなたが、どこから生まれて、

誰に育てられて、

どこへ還っていくのか。

 

 

 

 

目に見えるものがすべてではありません。

実在しているように見えるものも、肉体をもつものも、

実は不確かなものかもしれませんよ?

 

オカルトでも新興宗教でもない

本当のことは、あなたが確かめ、感じていくしかないのです。

あなたの軸を定め、感じるセンサーを磨いていくには、

練習が必要です。