ワンネス体験は、貴重なもので、

実際のそれは、ピースフルでラブリーなものではなく、

深淵を覗くような、ゾゾ毛が立つようなものだと思います。

「わ〜♡」というより、

「お、おぉ…」というような、

戸惑いとクリアな意識下で自分の認識が否応なく広げられる感じ。

体験は、個人的なもので、なかなか言語化できないものだと思います。

 

その体験があるか無いかは、私たちの価値を証明するものではないと感じています。

ワンネス体験がなくても、

誠実に、気づきを得る道を歩む人は実際たくさん居ますし、

別にあってもなくても、変わりません。

誰かと比べるものでもないし、有る無しが基準でもありません。

 

あなたはもし、胎内記憶を思い出した人がいて、

その記憶はその人の価値を左右すると感じますか?

私は、ワンネス体験は、私たち本来の居場所を垣間見る体験だと感じています。

胎内記憶のように、私たちはすでにそれを体験し、記憶しているのですから、

ひょんなことから思い出すことは、不思議では無いと思うのです。

私たちは求めれば、偶発的にそうした体験が本来できるようになっていると思いますし、

同様に、その体験がその人の価値を決めるものではないと感じています。

 

むしろ、

垣間見た、というチャンスを自分の日常にどう活かしていくか、

その意識のまま、世界で過ごせるようにどのようにしていくか、

という大きなチャレンジがやってきたことを示しているのだと思います。

ワンネス体験をすることより、そのチャレンジの方がずっとずっと難しいし、

途方もない価値があります。

 

 

ワンネスを体験すると

その壮大さにびっくりし、理解が追いつかず、

体験を分かち合おうとして、言語化の難しさに頭を抱えるかもしれません。

理解が及ばないと、その体験を特別視して、

さらには、その体験をした自分をも特別だと感じるかもしれません。

きっと、それは私たちの特別性への欲求を満足させてくれるものでしょう。

 

でも、と、私は思います。

あなたにその体験がやってきているのは、

自分の中のエゴの欲求を満たすためではきっとないはずだと。

私たちは、チャレンジをするために、この身体を選び、この生を生きているはずです。

そのあなたが、ワンネス体験をしたなら、

それは、エゴではないものを選び取ることをガイドされているのではないかと思うのです。

 

私たちは、ワンネス体験を

いつも日常に観ることができるようになるために、

その体験をするのかもしれません。

あなたの内側の小さな変化が外でも同じように起き、

奇跡は、日常化します。

きっと、奇跡も特別なものではなくなります。

 

 

あなたに、もしその体験があるなら、

その体験が本物であるなら、

自分の思いが、エゴから来るものなのか、愛から来るものなのか、

すでに理解できるはずです。

 

エゴは私たちをとても巧妙に誘います。

でも、

いつでも、選択権は私たちにあります。

「一方を選ばないこと」も、選択をしたということになります。

あなたは、今どちらを選択しますか。

あなたが選ぶなら、ワンネス体験は、あなたの日常へと繋がっていってくれます。

1